当社のサステナビリティ

サステナビリティ

丸井織物のサステナビリティ

sustainability

基本的な考え方

丸井織物は、経営理念「仕事を通して人間成長をはかり豊かで健やかな人生をつくりあげるところにある」を掲げ、社員ひとりひとりの理念の実践から始め、その活動の輪を取引先や地域社会に拡げることで社会への貢献を行い企業として成長してきました。
現在、「持続可能な社会」の実現に向けて、世界中でさまざまな活動が行われています。丸井織物では「豊かで健やかな社会の実現に貢献します」をサスティナビリティ・ビジョンと設定いたしました。中期経営計画「NS-300」に反映させ「持続可能な社会」への課題である人と地球環境の課題解決に向けて事業への落とし込みを実践していきます。

マネジメント体制

当社では、サステナビリティの視点を踏まえた経営を促進するため、代表取締役社長が委員長を務める「サステナビリティ委員会」を設置しています。
サステナビリティ委員会では、サステナビリティに関する全社方針や目標の策定、重要課題(マテリアリティ)の進捗管理及びそれらを実践するための体制の構築と整備、各種施策のモニタリングなどを行います。

SDGsの取り組み

2015年に「国連持続可能な開発サミット」において「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030年アジェンダ」が採択されました。世界全体として貧困・不平等や気候変動といった社会課題の解決に取り組むために、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」を掲げられています。
当社では、今できることからひとつひとつ確実にSDGsの実現に向けての取り組みを進めていきます。

マテリアリティ

当社が重点的に取り組むべき課題・テーマを整理し、「丸井織物のマテリアリティ」として特定し、このマテリアリティと持続可能な開発目標(SDGs)との関連性を以下のとおり整理いたしました。今後は、設定したKPIをフォローし各ステークホルダーの視点を取り入れながら取り組みを推進していきます。

環境認証および表彰

当社は国際規格である品質マネジメントシステムISO9001を2001年に、環境マネジメントシステムISO14001を2007年に取得しており、外部監査員による環境監査と、社内監査員による内部監査を実施し、環境マネジメントシステムの適正な運用と高度化に努めています。
2001年 ISO9001取得
2007年 ISO14001取得
2019年 GRS認証取得
2020年 健康経営優良法人2020 大企業法人部門認定