環境負荷の少ないモノづくり

サステナビリティ

環境負荷の少ないモノづくり

Eco Manufacturing


クリーンで省エネルギーな工場をという意識のもと、環境負荷に配慮したモノづくりを進めています。エネルギー消費とCO2の低減、水資源保護や環境負荷物質の低減、省エネ設備への更新などの取り組みを全工場で推進。更には、誰もが安心して働ける安全な作業環境の構築を目指しています。

太陽光発電などの再生可能エネルギーの積極活用

織布工場ソーラーパネル
七尾工場太陽発電量モニター
太陽光発電量グラフ

生物多様性への対応(水資源・排水への配慮)

1990年代より毎年約5割の用水リサイクルを進めております。
織布工場の用水リサイクル設備
用水リサイクル率グラフ
総取水量グラフ

廃棄物の削減

繊維くずのRPF化
産業廃棄物排出量グラフ

CO2削減

高効率コンプレッサー
貫流ボイラー
CO2排出量グラフ

化学物質量減の徹底

PRTR量グラフ

トレーサビリティシステム

丸井織物の全ての生産設備はインターネットでつながっており、原糸入荷~生産~製品出荷までに至る各工程の情報をデバイスや各種センサー等でデータ収集しています。リアルタイムで品質や納期の状態を見える化することが可能となり、品質・稼働・コスト低減に活用されています。また、出荷後の製品もしくは生産中で問題を発見した際には、生産時点の人・モノ・設備のデータを容易に把握することができるトレーサビリティシステムが構築されています。