代表メッセージ

企業情報

代表メッセージ

Message

繊維産業には、夢がある。

代表取締役会長(CEO) 宮本 徹

繊維産業には夢があります。
例えばファッション。ファッションは生活に潤いを与え心を豊かにするものですが、そのファッション素材の大部分は繊維です。そして近年、私たちが生み出す、吸湿・速乾・伸縮・発熱などの様々な機能を持つ高機能素材が注目されています。日本国内だけでなく世界のファッションブランドやスポーツブランドにとって欠かすことのできないものとなっています。能登にある私たちの世界最先端のIoT工場で作られた高機能素材が、様々な有名ブランドの商品となって世界中の人々に届けられ快適な暮らしに貢献しています。繊維テクノロジーが未来の可能性を拡げています。

あるいは炭素繊維。私たちもプロジェクトの一貫を担っている炭素繊維複合材は、次世代型旅客機や自動車などへと導入が進んでいます。最先端の高機能繊維を高度な技術で「織る」。様々な産業の人々と力を合わせ、これまでにない製品を創造する。繊維の力で、イノベーションを生み出していきます。

そしてもうひとつ、私たちには夢があります。それはITによる新しいビジネスの可能性です。すでに幾つかのITサービスが事業として育ってきています。繊維と関係のある事業もあれば、まったく関係のない事業もあります。ITから繊維を見直す。--この異質な組み合わせの中から、何が生まれるか。挑戦はスタートしたばかりです。どのような実を結ぶか余談は許しませんが、新たな胎動は確かに始まっています。繊維の会社でありながら、繊維からはみ出す。はみ出しながら、次世代の繊維を極める--『カクシン・センイ・カンパニー』わたしたち丸井織物の新しい挑戦が始まります。

人間成長を実感できる企業でありたい。

代表取締役社長(COO) 宮本 好雄

わたしたち丸井織物は、1937年の創業以来80年の時を越えて、環境変化に適応しながらチャレンジ精神で事業展開を行ってきました。
このたび「彩り豊かなライフスタイルを提案する」のミッションのもと、2030年を見据えた長期ビジョン「Vision2030」および新中期経営計画「Next Stage-300(2020年~2024年)」をスタートさせました。進化するデジタルテクノロジーを積極的に取り込み、イノベーションを起こし続ける企業を目指してまいります。

経営理念に「仕事を通して人間成長をはかり豊かで健やかな人生をつくりあげる」という一節があります。
また、価値基準のひとつに「一人ひとりの大いなる夢を丸井という舞台で実現する」と書かれています。この2つのフレーズを私はとても気に入っています。

人生は一度限りです。自分の人生は自分しか生きられません。
だからこそ、人はこの一度限りの人生を自分自身にとって有意義なものだったと感じたいと思うものではないでしょうか。

一人ひとりが自分の夢の実現に向け、仕事の場や機会を大いに活用して自らが主体的に取り組み、人間成長を実感できる。
社員をはじめとする丸井グループに関わる人々がそのように感じられる人生になることを願っておりますし、個人の成長と会社の成長がつながる人生の舞台となる企業でありたいですね。