松本 翼

採用情報

インタビュー

Interview

松本 翼

生産技術(係長)

2014年入社
石川工業高等専門学校 専攻科 電子機械工学専攻 卒業

現場の設備を自動化・省力化し、
中小企業ならではのスピードで生産性を上げる。

担当している仕事は?

生産技術職は、ものづくりの現場の最前線で高品質な製品作りを支える司令塔としての役割を担い、製造ラインの設計に携わります。現場で働く社員の声を聞きながら、工場全体の設備をどのように改善し、新しい技術を開発していけば良いか考え、計画を立てていきます。
私の仕事内容は、新規設備の仕様決め、導入、立ち上げまでの一連業務や既存設備の改造、トラブル対応、社内の電気工事など、多岐にわたります。


職場の雰囲気は?

完璧主義になるよりもまずはやってみることを大切にしています。こんなものを作ってみようかなと上司にもっていくと、ほとんど反対されない。「やってみて、現場で使ってもらって、問題があればその都度改善すればいい。」と背中を押してくれる、働きやすい職場です。
電子機械の知識を持った社員が少ないので必然的に自分が担当する業務が多くなりますが、国内で最大規模と言われる工場を自分の知識とアイディアで変えていけることに非常にやり甲斐を感じます。
思いついたらその日のうちに承認を得て取り掛かることができるスピード感も、この会社ならでは。


interview-matsumoto03

印象に残っている仕事は?

サイジングという経(タテ)糸の準備をする作業の中で、いつもお世話になっている現場の課長から「どうしても自動化したい作業がある」という要望があり、改善をスタート。展示会を見に行ったり、日常生活の中でヒントを探したりしながらアイディアを出していったところ、装置と装置の組み合わせを考えている中でたまたまパッと思いついた案が採用!
経験豊富な部長や課長が相談にのってくれたおかげで無事導入に至り、現場に喜ばれました。
ここまで来るのに3年。現場の永遠の課題を1つクリアできた安堵と達成感があったし、何よりその課長の思いに応えることができて嬉しかった。

就職を考えている人へのメッセージを

初めて弊社を訪れた際に面談してくれた専務が熱い人で、面談後に工場を隅々まで案内してくれました。「今後、生産技術課をもっと強くしたい」というお話を聞き、専務のビジョンに惹かれて入社を決めました。
自分のやりたいことがその会社で実現できるのか、仕事の内容が自分にあっているかを見極めるために、社員の生の声を聞いて決めることが重要だと思います。