丸井織物の歴史

History

私たち丸井グループの今があるのは、諸先輩たちが築いてきたその伝統と歴史にあります。伝統の” 能登上布” に始まる私たちの歴史は、化繊、合繊へとその対応領域を広げながら、今日ではポリエステルタフタ素材の分野で全国一位のシェアを誇る企業へと成長してきました。1937年の誕生から現在までの丸井グループの歩みをご覧ください。

宮米織物のあゆみ

1937年(昭和12年)
鹿島町 ( 現中能登町 ) 徳前に(株)宮米機業場設立
能登上布、人絹織物の生産開始
1960年(昭和36年)
社名を宮米織物(株)に変更
テトロン織物の生産開始
1969年(昭和44年)
本社工場新設
1973年(昭和48年)
本社工場増設
1979年(昭和54年)
ジェット工場新設
1981年(昭和56年)
商品開発室設立
1987年(昭和62年)
検査工場新設
history-img01

丸井織物のあゆみ

1956年(昭和31年)
鹿島町(現中能登町)井田地区に丸井織物㈱設立化繊織物(レーヨン・アセテート)の生産開始
1964年(昭和39年)
織布工場新設
1967年(昭和42年)
丸善織物を吸収合併し、織布工場を久乃木に新設
1968年(昭和43年)
井田工場を改築して、サイジング事業を開始
1969年(昭和44年)
丸井ジェット工場(現在の第1織布)新設 WJLを本格稼働
1970年(昭和45年)
本社所在地を井田から久乃木に移転
井田工場の土地建物売却
久乃木に準備センター(SG)を新設し、井田工場の設備を全て移設
1973年(昭和48年)
1000坪以上のジェット工場建設
1975年(昭和50年)
丸井ジェット(株)設立
1982年(昭和57年)
丸井ジェット(株)設立
1983年(昭和58年)
第3工場(現在の第3織布)新設
1986年(昭和61年)
FAによる生産管理システムの構築開始
ドビー機搭載 柄物の生産開始
1989年(平成元年)
タイのラッキーテックス社へ技術指導
第3サイジング増設
1990年(平成2年)
海外研修へ派遣開始
1991年(平成3年)
福利厚生棟”ドリームハウス’91”新設
TPM活動キックオフ
1994年(平成6年)
”夢工場構想”スタート。
第1弾として七尾工場(準備工場)が完成、稼働開始
PM賞を受賞
1996年(平成8年)
夢工場Part2(第4工場)本稼働
1998年(平成10年)
夢工場Part3(検査課:自動物流システム)本稼働
夢工場Part4(エアバック工場)本稼働
1999年(平成11年)
夢工場Part5(第1工場 S&B)本稼働
2000年(平成12年)
夢工場Part6(第3工場 S&B)本稼働
2001年(平成13年)
国際品質保証規格ISO9001を認証取得
2003年(平成15年)
ISO9001の2000年版を認証取得
2004年(平成16年)
丸井ジェット(株)、丸井織物(株)に吸収合併
2005年(平成17年)
C-TPM活動の開始
技術教育センター開設
2007年(平成19年)
ISO14001を認証取得
history-img02
history-img03
history-img04