丸井織物の歴史

History

私たち丸井グループの今があるのは、諸先輩たちが築いてきたその伝統と歴史にあります。伝統の” 能登上布” に始まる私たちの歴史は、化繊、合繊へとその対応領域を広げながら、今日ではポリエステルタフタ素材の分野で全国一位のシェアを誇る企業へと成長してきました。1937年の誕生から現在までの丸井グループの歩みをご覧ください。

丸井織物のあゆみ

1937年(昭和12年)
鹿島町(現中能登町)徳前地区に㈱宮米機業場設立
1956年(昭和31年)
鹿島町(現中能登町)井田地区に丸井織物㈱設立
1969年(昭和44年)
WJL(ウォータージェットルーム)導入
1981年(昭和56年)
商品開発室設置
1984年(昭和59年)
QCサークル活動の導入
1986年(昭和61年)
FA化に伴いデータでの採算管理の実施
1987年(昭和62年)
5S活動の導入
1991年(平成3年)
TPM活動開始
1992年(平成4年)
方針管理の導入
1993年(平成5年)
七尾工場(準備工場)建設開始
2002年(平成14年)
本社工場にAJL(エアージェットルーム)14台導入
2005年(平成17年)
丸井南通有限公司操業開始
2008年(平成20年)
スポーツ創造企業宣言
2011年(平成23年)
ナイロン細繊度高密度織物ブーム
2011年(平成23年)
中期ビジョン:変革100(~2016)発表
2013年(平成25年)
Dスタジオ(染工房)開設
2013年(平成25年)
良川サイジング株式会社を子会社化
2017年(平成29年)
倉庫精練株式会社を子会社化
history-img01
history-img02
history-img03
history-img04