rogo 製品 技術情報 採用 会社のご案内 お問い合わせ
会社のご案内
社長メッセージ・理念
企業概要
グローバル・ネットワーク
ニュース一覧
社内報バックナンバー
東レ合繊クラスター
Twitter
photo
丸井グループ
丸井織物株式会社 本社
〒929-1801
石川県鹿島郡中能登町久乃木井部15
TEL0767-76-1337(代) FAX0767-76-0304
七尾工場
〒926-0824
石川県七尾市下町丁部12-6南部工業団地
TEL0767-57-1711 FAX0767-57-3211
東京営業所
〒107-0062
港区南青山3丁目 1-28 EBIYA BLDG 4F
TEL03-5770-7400 FAX03-5770-7399
宮米織物株式会社 〒929-1817
石川県鹿島郡中能登町徳前12部46
TEL0767-76-1227 FAX0767-76-0406
丸井織物(南通)有限公司 〒226010
中国江蘇省南通市経済技術開発区花園港路80号
TEL86-513-8596-6202 FAX86-513-8596-6201
組織図(PDF形式)
本社周辺地図、アクセスはお問い合わせをご覧ください。
PAGE TOP
事業内容
合繊織物及び合繊産業資材織物製造
創業及び経営現況
  丸井織物(株) 宮米織物(株) 丸井織物南通公司
創立日 1956年4月11日 1937年2月18日 2004年4月23日
資本金 57,184千円 50,000千円 650,000千円
売上高 4,867百万円 (2008年実績)
4,029百万円 (2009年実績)
5,375百万円 (2010年実績)
7,805百万円 (2011年実績)
6,585百万円 (2012年実績)
1,113百万円
1,122百万円
1,513百万円
1,839百万円
2,445百万円
従業員数 男子150名 女子72名 合計222名  
平均年齢 男子41.0歳 女子42.3歳 全体40.3歳 中国人140名
パート他 男子19名 女子49名 合計68名 日本人2名
生産品目
生産品目図
生産量と品種数
●丸井グループ(日本国内)
約11万疋/月(約550万メーター)
400品種
●丸井織物南通公司(海外)
約2.0万疋/月(約100万メーター)
40品種
主要取引先
●東レ梶A蝶理梶A一村産業
主要設備

設  備

台数
撚糸機(ダブルツイスター、甘撚用) 4台
撚糸機(ダブルツイスター、強撚用) 4台
撚糸機(コンポジット) 1台
整経機(ダイレクトワーパー) 9台
一本整経機 2台
1本糊付機 1台
ミニサイザー 2台
部分整経機 2台
糊付機(ワーピングスラッシャー) 11台
全自動引通機 6台
織機(WJL 丸井織物) 615台
織機(WJL 宮米織物) 203台
織機(AJL 丸井織物) 16台
織機(AJL 宮米織物) 104台
  織機(WJL 協力工場) 135台
  *織機合計台数* 1,073台
   
 

織機台数内訳  広幅 968台   並幅 105台

 

・ヒラ機 607台 ・ドビー機 466台

(注釈)
◎印 丸井本社(中能登町久乃木)にあるもの
●印 丸井七尾工場(七尾市下町)にあるもの
◆印 宮米織物(中能登町徳前)にあるもの
主要設備(南通)

設  備

台数
  整経機(ダイレクトワーパー) 2台
  糊付機 2台
  織機(WJL) 189台
   
 

・ヒラ機 94台 ・ドビー機 54台・AB機 40台・レピア 1台

PAGE TOP
沿革
私たち丸井グループの今があるのは、諸先輩たちが築いてきたその伝統と歴史にあります。 伝統の”能登上布”に始まる私たちの歴史は、化繊、合繊へとその対応領域を広げながら、 今日ではポリエステルタフタ素材の分野で全国一位のシェアを誇る企業へと成長してきました。 1937年の誕生から現在までの丸井グループの歩みをご覧ください。
■宮米織物のあゆみ
西暦 年次 主な出来事
1937 昭和12年 鹿島町(現中能登町)徳前に
葛{米機業場設立
能登上布、人絹織物の生産開始
1960 昭和36年 社名を宮米織物鰍ノ変更
テトロン織物の生産開始
撚糸工場新設
1969 昭和44年 本社工場新設
1973 昭和48年 本社工場増設
1979 昭和54年 ジェット工場新設
1981 昭和56年 商品開発室設立
1987 昭和62年 検査工場新設
photo
伝統の『能登上布』の織機
■丸井織物のあゆみ
西暦 年次 主な出来事
1956 昭和31年 鹿島町(現中能登町)井田地区に丸井織物叶ン立化繊織物(レーヨン・アセテート)の生産開始
1964 昭和39年 織布工場新設
1967 昭和42年 丸善織物を吸収合併し、織布工場を久乃木に新設
1968 昭和43年 井田工場を改築して、サイジング事業を開始
1969 昭和44年 丸井ジェット工場(現在の第1織布)新設 WJLを本格稼働
1970 昭和45年 本社所在地を井田から久乃木に移転
井田工場の土地建物売却
久乃木に準備センター(SG)を新設し、井田工場の設備を全て移設
1973 昭和48年 1000坪以上のジェット工場建設
1975 昭和50年 丸井ジェット(株)設立
1982 昭和57年 ジェットサービス部門開設
1983 昭和58年 第3工場(現在の第3織布)新設
1986 昭和61年 FAによる生産管理システムの
構築開始
ドビー機搭載 柄物の生産開始
1989 平成元年 タイのラッキーテックス社へ技術指導
第3サイジング増設
1990 平成2年 海外研修へ派遣開始
1991 平成 3年 福利厚生棟”ドリームハウス'91”新設
TPM活動キックオフ
1994 平成 6年 ”夢工場構想”スタート。 第1弾として七尾工場(準備工場)が完成、稼働開始
PM賞を受賞
1996 平成 8年 夢工場Part2(第4工場)本稼働
1998 平成10年 夢工場Part3(検査課:自動物流システム)本稼働
夢工場Part4(エアバック工場)本稼働
1999 平成11年 夢工場Part5(第1工場 S&B)本稼働
2000 平成12年 夢工場Part6(第3工場 S&B)本稼働
2001 平成13年 国際品質保証規格ISO9001を認証取得
2003 平成15年 ISO9001の2000年版を認証取得
2004 平成16年 丸井ジェット(株)、丸井織物(株)に吸収合併
2005 平成17年 C−TPM活動の開始
技術教育センター開設
2007 平成19年 ISO14001を認証取得
photo
七尾工場 ワーパー工程
photo
PM賞 受賞
photo
第4工場内
PAGE TOP
記念誌
photo
発行:平成9年8月1日
Adobe Acrobat Reader無料でダウンロードできます。
■丸井グループの軌跡
宮米織物誕生(それは家内工業から始まった) ダウンロード
1930、1940年代 ダウンロード
1950年代 ダウンロード
丸井織物誕生(赤字を出すぐらいならやめろ) ダウンロード
時の真相に迫る1 ”金の卵”獲得に奔走 ダウンロード
1960年代 ダウンロード
時の真相に迫る2 実力勝負の世界へ旅立つ ダウンロード
時の真相に迫る3 丸井発展への大きな布石に ダウンロード
1970年代 ダウンロード
時の真相に迫る4 逆風に鳴らす陣太鼓 ダウンロード
時の真相に迫る5 設備更新にこもる哀歓 ダウンロード
1980年代 ダウンロード
時の真相に迫る6 グループ急伸の影の立役者 ダウンロード
ダウンロード
1990年代 ダウンロード
時の真相に迫る7 今も脈打つ創業者魂 ダウンロード
時の真相に迫る8 コスト競争力、世界一への挑戦 ダウンロード
■DATAで丸井グループつづる 資料編
丸井織物株式会社本社 ダウンロード
丸井織物株式会社七尾工場 ダウンロード
宮米織物株式会社 ダウンロード
社内活動 ダウンロード
あとがき  
Copyright (C) 2006 Marui Group All Rights Reserved. PAGE TOP